外壁塗装や屋根塗装をはじめ、幅広い住宅のご要望にお応えできる小郡市の塗装専門店です。

210

筑前町山隈 O様邸

施工前後比較写真

施工前

施工後

施工料金

作業内容 数量 参考価格
外壁塗装 135.00m² ¥364,500~¥486,000
屋根塗装 110.00m² ¥253,000~¥440,000
その他塗装 破風、軒天、雨樋、鉄部 ¥298,800
足場・塗装前工事・雑費等 ¥295,000
総額 ¥1,271,865~¥1,595,790
  • 使用する塗料によって料金が異なります。価格帯を参考にご覧下さい。

施工前の外壁現状診断

主な劣化箇所 症状 写真 調査方法 劣化レベル 状態
壁全面 チョーキング 指触 5 チョーキングとは、塗装膜中の樹脂分や顔料成分が紫外線や熱・雨水等の影響で劣化して、白い粉が手に付く現象を言います。外壁の塗装は、塗膜自体の保護機能が低下して、防水効果が期待できず、危険な状況です。
屋根 塗膜劣化 目視 4 O様邸の屋根は、コロニアル(瓦)と云います。通常の瓦に比べ厚さが薄いので、表面の塗装皮膜が劣化すると、雨漏りや(瓦自体に)割れが生じます。ご注意下さい。
南側 亀裂 目視 5 外壁(塗装)の劣化に伴い、コーキングに割れが生じています。 一部が割れているのではなく、全体的に補修が必要な状況です。
玄関柱 ひび割れ 目視 4 上記のコーキングの一歩手前の写真です。 このままの状態であれば、深い亀裂が生じます。 早めのお手入れが必要です。
1階 色あせ 目視 4 新築時にアクリル系の外壁塗装を行うと、5年位で、色あせが生じてきます。 次回の外壁塗装は、ウレタンやシリコン系の塗装をお勧めします。塗り替えスパンを延ばす事が可能です。
雨樋 色あせ 目視 3 雨樋もウレタンやシリコン塗装であれば、美観も保て、雨樋の交換時期(15年~20年位)を延ばせます。 アクリル系の塗装ですと、3年から5年で、塗膜剥離を生じます。
コーキング ブリージング 目視 4 コーキング中に含まれる、油分が熱などの影響で、表面に浮き出しています。 専用のシーラーを使って処理が必要です。
破風板 塗膜剥離 目視 4 紫外線が直接当たる事や、雨水・太陽熱の影響で、塗装膜が剥がれています。木材に雨がしみ込みやすい為に、木材が腐れることも有ります。 注意が必要です。
軒裏 雨シミ 目視 3 上の破風板に比べて、直接紫外線等があたる場所ではないので現在は、水性エマルジョン塗料を使用しています。 ウレタン塗装が最適です。
ひさし 塗膜剥離 目視 4 破風板同様の原因により、塗装膜に剥離が生じています。塗り替えが必要です。
鉄部 劣化 目視 3 一部、屋根瓦を押える板金以外に、サビの発生は見られません。がしかし、サビが発生している箇所は、必ずサビのケレン・サビ止め塗装の写真を業者に提出させましょう。これが、意外と重要です。
雨戸 チョーキング 目視 4 診断書の最初に示した、外壁のチョーキングと同様の原因によるものです。 早めのお手入れで、サビの発生も防げます。
テラス 腐食 目視 5 塗装膜は剥がれ、一部床板に腐食がみられます。 交換も可能ですが、如何しましょうか?
劣化レベル 0. 異常なし 1. やや劣化あり 2. やや劣化が進行 3. 劣化が進行 4. かなり劣化が進行 5. 劣化が激しい

お問い合わせ